簡単イチゴジャムの作り方~煮る過程と保存方法を写真付きで解説

イチゴジャムの作り方 砂糖を入れて煮詰める
 
先日、親戚にイチゴを頂きました。
食べた後も大量に余った苺を消費するために、保存も効くイチゴジャムを作ってみました。
 
下に作り方をまとめましたので、よろしければ参考になさってください。
 

スポンサードリンク

  

 

簡単イチゴジャムの作り方

用意するものはこちら。
 
 

材料
イチゴ
砂糖
レモン汁
 
 
道具

ヘラ
お玉

 
 
私は、砂糖の量はイチゴの10分の1くらいにしています。
イチゴが300gなら砂糖30gってことですね。
 
今回使った分量はこんな感じです。
 
イチゴ 700g
砂糖 70g(ザラメ糖50g+きび砂糖20g)
レモン汁(ポッカレモン) 小さじ1
 
味が好みでザラメ糖ときび砂糖を使っていますが、お好みの砂糖を入れてください。一種類で大丈夫です。
 
甘い方が好きという方はもっと砂糖を入れちゃってください。砂糖が多い方が長く保存できるようです。
 

いちごを煮る~砂糖を入れてジャムに

では、イチゴジャムの作り方、レシピをご紹介していきます。
 
 
まず、イチゴのヘタを取り除きます。
 
 
イチゴジャムに使う苺
 
 
スプーン2杯くらいの塩を入れた塩水でイチゴを洗います。水の中でイチゴを転がす感じで、だいたいでOKです。
 
 
次に、鍋に洗ったイチゴを入れます。水は入れず、イチゴのみ鍋に入れます。
 

スポンサードリンク

 
イチゴを入れた鍋を火にかけます。
弱~中火くらいで。
 
 
イチゴの汁がジューっと出てきたら砂糖を入れます(ザラメを使う場合は、ザラメが溶けてから砂糖を入れます)
 
 
イチゴジャムの作り方 砂糖を入れて煮詰める
 
 
このまま煮詰めましょう。
 
しばらくするとアクが出てくるので、お玉ですくって取って下さいね。
 
今回は大量に作ったからか、アクの量が凄かったです^^;
 
 
イチゴジャムの作り方 イチゴを煮詰めてアクを取る
 
 
アクが無くなってとろみが出てきたら火を止めます。
こんな感じで、色が濃くなっているかと思います。
 
 
煮詰めたイチゴジャム
 
 
火を止めたらレモン汁を小さじ1杯入れます。
 

イチゴジャムの作り方~保存方法

この手作りイチゴジャムは無添加で保存料が入っていないので、カビをはやさないように保存したいと思います。
 
 
そのために、ジャムを入れる瓶は煮沸消毒しておきます。
 
 

ジャム瓶の煮沸消毒の仕方
・鍋に瓶と瓶のフタを入れて、それらが隠れるくらいの水を入れる
・火をかけ5分くらい沸騰させる
・瓶を取り出しペーパータオル等の上に逆さまに置いて乾燥させる
 
 
この瓶に熱いままのジャムを入れます。
 
 
…………完成です!!!
 
 
イチゴジャムの作り方 煮沸消毒した瓶に入れる
 
 
熱いまま蓋をして、粗熱が取れてから冷蔵庫に入れて保存して下さいね。
冷凍だと1年くらい保つと思います。
 
う~ん、甘さ控えめでイチゴの酸味もあって美味しいです♪
 
温かいままパンに塗って食べるのも超うまい!です^^
 
 
もっと甘い方が良いとか、もう少しとろみが欲しい場合は、砂糖の量を増やして自分なりに試してみて下さいね。

イチゴジャムの作り方まとめ

イチゴジャムの瓶詰の作り方をご紹介しました。
手軽に作れて良いですよね。
 
食べ方もクッキーに挟んだり、スコーンに塗ったり紅茶に入れたり、いろいろなアレンジがあるので飽きませんよ。ぜひやってみて下さいね。
 

スポンサードリンク


 
【お菓子作り】
揚げドーナツの簡単な作り方
焼きメレンゲの簡単な作り方に挑戦
キャラクターのプリントクッキーの作り方
簡単たまごボーロの作り方
かりんとうの作り方で簡単なレシピ
簡単さくさくスコーンの作り方
型なしクッキーかわいい動物の作り方

コメント

タイトルとURLをコピーしました