揚げドーナツの簡単な作り方 ホットケーキミックス生地と油で揚げるコツ

手作りドーナツのレシピ

甘いものが食べたい気分だったので揚げドーナツを作ってみました。

私が子供のころに親が手作りしてくれていたもので、どこか懐かしい味のふわふわドーナツ…
必要な材料も少なく、慣れれば30分程度の所要時間でできる簡単レシピです。

ここでは、そんな簡単揚げドーナツの作り方をご紹介しますので、よろしければ参考になさってください。

スポンサードリンク

  

揚げドーナツの簡単な作り方

まずは材料です。

材料
ホットケーキミックス 200g
牛乳         150cc
卵          1個
油          適量
きび砂糖       適量

適量のところは後で説明しますね。

次は道具です。

道具
ボウル

菜箸

計量カップ
キッチンペーパー
ゴムベラ(あると便利)
ドーナツメーカー(ドーナツ形にしないなら無くてもOK)

↓ドーナツメーカーはこんな感じのものです

(クリックで楽天に飛びます)

ドーナツメーカーが無い場合は、ボールドーナツのようなコロコロしたドーナツにもできますよ。

スポンサードリンク

ホットケーキミックスでドーナツの生地を作る

では、まずはドーナツの生地を作っていきます。

ホットケーキミックス粉200gに、卵1個と牛乳150ccを混ぜ合わせます。

使うホットケーキミックスによって、必要な牛乳の量が多少変わるかもしれません。
牛乳を入れすぎると生地がふにゃふにゃして揚げる時に失敗してしまうので、生地がもったりするくらいにするのがコツです。

ホットケーキミックスに牛乳と卵を混ぜてドーナツ生地を作る

牛乳を入れすぎたと思ったら、ホットケーキミックスを足して調節しましょう。
混ぜた時に重い感じならOKだと思います。

生地ができたらドーナツメーカーに流し込みます。

ドーナツを油で揚げる

では、ここからは揚げ方ですね。

ドーナツを揚げる油の量

私は写真のくらいの油の量でドーナツを揚げています。あまり多くの油は使いません。
因みに、使った油は日清のキャノーラ油です。


油の温度は160度ほど。

温度が上がるのを待つ間に、キッチンペーパーをしいたお皿と砂糖を用意しておきます。


温度が160度になったら、ドーナツメーカーで生地を落として揚げていきます。

この時、生地を高い場所から落とさないように注意して下さい。油が跳ねて大変危険です。
なるべくドーナツメーカーを油の表面に近づけて、フワッと生地を落として下さいね。

ドーナツを油で揚げる写真


きつねいろになったらひっくり返して反対側も揚げます。
私は菜箸を使ってくるっとひっくり返してます。
ドーナツは輪っかになっているのでやりやすいですね(笑)

ドーナツの揚げ方 ひっくり返す

画像のくらいの色に揚げていますが、揚げ加減は好みで良いと思います。

揚がったら油を切って、クッキングペーパーを敷いたお皿にのせておきましょう。

揚げたドーナツの油を切る


きび砂糖をまぶして…

おいしい揚げドーナツきび砂糖味


完成です!


きび砂糖の素朴な味が美味しいです。昔ながらのお菓子って感じがしますよ。
うますぎ…なんかもう満足です(笑)

きび砂糖じゃ満足できない方は、チョコレートをかけたり、アイスを添えてみたり…あなたの好きな食べ方をして楽しんじゃってくださいね。


【おまけ】
ドーナツメーカーを使わず、スプーンなどでうまい感じに生地を落として揚げると、サータアンダギーっぽい形状のドーナツになります。

サータアンダギーっぽいコロコロ揚げボールドーナツ

食感はさくさくではなくフワフワ。

砂糖がけのふわコロ揚げドーナツ。これもおいしいですよ。


保存期間は常温で1~3日くらいかと。
2日目には油が染みてくるので、食べるのは早めが望ましいです。

揚げドーナツまとめ

自作揚げドーナツの作り方は以上になります。

ご自分のおやつ以外にも、バレンタインデーやホワイトデー、母の日父の日などのプレゼントにもできますので、ぜひ作ってみてくださいね。

【お菓子作り】
簡単たまごボーロの作り方~卵黄と砂糖と片栗粉だけのレシピでトースターで焼くだけ
キャラクターのプリントクッキーの作り方~イラストチョコを転写して~画像付き
焼きメレンゲの簡単な作り方に挑戦 泡立てのコツと焼くときの温度設定
簡単イチゴジャムの作り方~煮る過程と保存方法を写真付きで解説
簡単スコーンの作り方ホットケーキミックス使用~サクサクにするコツとオーブンでの焼き方