甥や姪への小学校の入学祝いの相場とプレゼント選びと渡す時期

甥 姪 小学校の入学祝い

小学生になる甥っ子や姪っ子へ入学祝い、あなたは何を贈りますか?

ここでは

・相場はいくらか
・現金orプレゼント貰った人それぞれの意見
・プレゼントは何が良いか、いつ渡すか

について解説します。参考になさってください。

スポンサードリンク

  

甥や姪の小学校の入学祝いの相場

まずは甥や姪の小学校の入学祝いの金額です。

身内間のお付き合いの程度にもよりますが5千円~1万円くらいが妥当です。

できれば親に希望を聞き、プレゼントするものを決めたら事前に知らせておくのが良いです。

入学祝いに贈るものには大きく分けると現金かプレゼントになりますが、もらう側の意見では、

現金
・子供に好きなものを買ってあげられるので親としては助かった
・好みでないものをを貰うより現金の方が子供のために使える
・学校で使えるものは指定されていることもあるので現金の方が助かる
・現金なら間違いない
・子供にあげるものだからお金より子供の喜ぶものの方が良い
・現金だと子供へのプレゼントには味気ない感じがする

プレゼント
・子供のお祝いなので子供が喜びそうなプレゼントを直接渡してあげてほしい
・特別なプレゼントをもらえて子供心に嬉しかった
・プレゼントを開ける時のワクワク感は今でも覚えている
・形として残るのでプレゼントの方が良い
・もう用意していた物とダブってしまって困った
・好みでないものをもらって結局使わないままだった

というコメントがありました。

また、現金でなく図書カードや商品券などギフト券を贈るという手もあります。

私が子供の時は、親戚から現金にグリーディングカードを添えてプレゼントされました。普段はもらわないような、音楽が鳴って飛び出す豪華なカードに言葉が書いてあり、珍しくて何度も開いて大切にしていたのを覚えています。

現金や図書カードの場合、こういったメッセージカードや手紙、小物などのちょっとしたプチギフトを添えると喜ばれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

甥や姪の小学校入学祝いのプレゼント

甥や姪にプレゼントをあげる場合、どのような品物が良いのでしょうか。

机やランドセルは祖父や祖母が孫のために購入していそうですし結構高額ですので例えば、

鉛筆
消しゴム
下敷き
鉛筆削り
筆箱
色鉛筆セット
コンパス
三角定規
文具セット

など定番人気の文房具。
消耗品ですし、なくしたりするのでダブっても大丈夫そうです。女の子なら可愛いもの、男の子ならかっこいいものをあげると喜ばれそうですね。

また、


長靴
レインコート・ポンチョ

など、意外と重宝する雨具。


地球儀
顕微鏡
辞書
図鑑
学習漫画

などの本や学習グッズ。そのほかにも


ハンカチ
ポケットポーチ(ポケットの無い服につけるポシェット)
エプロン
洋服

靴下
リュック
バッグ
財布
目覚まし時計
名前シールセット

などがあげられます。

名前シールとは子供の名前が入っているシールのことです。学校で使う日用品に貼れるようにいろいろな形があり、お母さんが持ち物に手書きする手間が省けます。

お名前シール&名入れ鉛筆のようなプチギフトもあります。

また、注意したいのが、指定の学用品がある小学校やキャラクターもの禁止の小学校もあること。学校で必要なものは親がそろえている可能性もあるので、不安な場合は親にきいてみるのが無難です。

小学校の入学祝いを渡す時期

甥や姪に小学校の入学祝いを渡すタイミングは3月中旬~4月上旬が好ましいです。

この期間は新入学の準備期間ですのでちょうど良いですね。


また、保育園や幼稚園の卒業祝いと小学校の入学祝いは、どちらか一つで良いとされています。どちらかというと、未来につながるお祝いということで入学祝いを贈る方が多いようです。


入学祝いを渡すときは、プレゼントなら甥や姪本人に直接、現金なら親に渡すとした方が良いでしょう。

甥姪への小学校入学祝いまとめ

入学祝い、選ぶのが大変かと思いますが、相手のことを考えて選んだものならもらって嬉しいと思います。おめでとうの一言を添えて渡してあげてください。

プレゼントがあなたの甥っ子さんまたは姪っ子さんに喜ばれると良いですね!

スポンサードリンク