年賀状の書き方で年下への一言添え書きと部下や後輩へのメッセージ文例

年賀状の一言メッセージ 後輩 部下

部下や後輩、教え子や年下の友人など、自分より目下の人への年賀状はどのように書けばよいのでしょう。

ここでは

・年賀状の基本の書き方と注意点
・年下の人への添え書きで使える一言コメント
・年下の人への年賀状のメッセージ例文

について解説しますので参考になさってください。

(関連記事)
年賀状に書く一言で目上の先生や上司先輩への添え書きと例文
親戚への年賀状はどこまで出すか 一言添え書きや文例メッセージもご案内
年賀状をパソコンで作成する無料の方法 画像付きでオープンオフィスの使い方と印刷の仕方を解説
年明けの年賀状はいつまで出せる?遅れた時の書き方と例文を紹介
年賀状の返事が遅れてしまったら寒中見舞いとして出す?書き方と文例も

スポンサードリンク

  

年賀状の書き方で年下の人への言葉

まず、最初に書く賀詞についてです。

賀詞とは祝う言葉で「あけましておめでとうございます」や「謹賀新年」などのこと。目上の人への年賀状では一文字、二文字の賀詞は使えませんが、目下の人には使えます。

ですので、新年を祝う意味で使われる

・賀正
・謹賀新年
・恭賀新年
・あけましておめでとうございます
・新年おめでとうございます
・新年のお慶びを申し上げます

や、新春を祝う意味で使われる

・賀春
・迎春
・慶春
・瑞祥新春
・謹んで新春をお祝い申し上げます
・初春のお慶びを申し上げます

などを文章の初めに書きましょう。また、賀詞は大きめの文字だと良いです。


次に気をつけるのが忌み言葉(不吉なことを連想させる言葉)
「去年」という言葉は使用せず「昨年」「旧年」という言葉を使用します。

また、破れる・枯れる・衰える・滅びる・死ぬ・病む・苦しむ・朽ち果てる・困難・絶望・暗黒なども使わないようにしましょう。


年賀状を出す時期は12月の年賀便取り扱いの期間内になります。遅れて出す場合は、年賀状を出せるのは松の内である1月7日までとなります。7日以降に出す際は寒中見舞いとしてはがきを出しましょう。


では、次の章では年下へ向けての一言コメントをご紹介します。印刷した年賀状に手書きで加えると温かみが加わりますよ。

年賀状で目下の人への一言添え書き

年下の人へ年賀状を書く場合は

・賀詞
・昨年中の感謝や激励の言葉
・メッセージ(相手の健康や幸福を願う言葉など)

があると良いです。

昨年中の感謝や激励の言葉
・昨年は頑張ってくれてありがとう
・昨年はご活躍でしたね
・昨年は○○のプロジェクトへの尽力ご苦労様でした
・素晴らしい部下に恵まれたことに感謝しています
・今年も活躍を期待しているよ
・今年も戦力として貢献されることを期待しています
・念願の○○本当におめでとう
・ずいぶん頑張っているようですね
・昨年はお手伝いをどうもありがとうございました
・自分の力を信じて頑張れ
・微力ながら応援していますよ
・まだ若いんだから、またチャンスはあります
・君のような若者と交流できるのは嬉しいことです


メッセージ(相手の健康や幸福を願う言葉など)
・今年も一緒に頑張りましょう
・今年も忙しくなるのでもうひと踏ん張りお願いします
・困った時には相談にのるので声をかけてくださいね
・今年もお互い健康に働きましょう
・ご健康をお祈りいたします
・元気で幸福な一年になりますように
・あなたにとって素晴らしい一年になりますように
・今年はさらに大きく飛躍することをお祈りします
・幸運を祈っています
・久しぶりにお会いしたいものですね
・たまには○○部の後輩の指導にきてくださいね
・今度一緒に○○へ行きましょう

年下の友人や親しい後輩などは、もっと親しみをこめた言葉でも良いと思います。形式ばったものでなくても良いので、温かい言葉を書けば相手も喜んでくれますよ。

年賀状を部下や後輩など年下に書く際の文例

では、ここからは年下の方への年賀状の例文をご紹介します。

あけましておめでとうございます
昨年は頑張ってくれてありがとう
今年も一緒に頑張りましょう

賀正
ご活躍ぶりは聞いています
ずいぶん頑張っているようですね
今年はさらに大きく飛躍することをお祈りします

スポンサードリンク

謹賀新年
昨年はお手伝いをどうもありがとうございました
今年もお互い健康に働きましょう

迎春
昨年は君の柔軟な発想力に助けられました
今年も会社の戦力として貢献されることを期待しています
自分の力を信じて頑張れ

あけましておめでとうございます
受験で大変かと思いますが、悔いの残らないように全力で頑張ってね
微力ながら応援していますよ
幸運を祈っています

恭賀新年
念願の○○のお仕事は順調ですか
ご苦労も多いでしょうが頑張ってくださいね
あなたにとって素晴らしい一年になりますように

賀春
○○の地で迎える正月はいかがですか
きっと夢に向かって頑張っていることでしょう
しばらく顔を見ていませんが
久しぶりにお会いしたいものですね

初春のお慶びを申し上げます
昨年は○○のプロジェクトへの尽力ご苦労様でした
本当に感謝しています
困った時には相談にのるので声をかけてくださいね

慶春
昨年は○○をありがとう
君のような若者と交流できるのは嬉しいことです
今度一緒に○○へ行きましょう
今年もよろしく

賀正
昨年一年お疲れさまでした
○○は残念でしたね
まだ若いんだから、またチャンスはあります
あせらずじっくりいきましょう

謹んで新春をお祝い申し上げます
昨年はお手伝いをどうもありがとうございました
また○○部の後輩の指導にきてくださいね
今年もお互い健康に過ごしましょう

あけましておめでとうございます
昨年はありがとう
素晴らしい部下に恵まれたことに感謝しています
今年も忙しくなるのでもうひと踏ん張りお願いします
お互いに充実した一年になりますように

目下の人への年賀状まとめ

上で例を挙げてきましたが、年下の相手との関係も様々です。職場の部下、部活の後輩、学校や習い事の教え子、ビジネス関係、趣味の友人…などなど、シチュエーションが違うので文面の内容も変わってくるかと思います。

自分なりに書き替えてみて下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする