年明けの年賀状はいつまで出せる?遅れた時の書き方と例文を紹介

年明けのイメージ画像

お正月に届く年賀状、出さなかった人からから届いたから返事を書かなきゃ…。こんな風に、年賀状を出すのが遅れた時にあなたはどうしますか?

ここでは

・年明けに年賀状を出せる期限と注意点
・遅れて年賀状を書く時のマナーや一言
・年賀状を遅れて出す際のメッセージ文面

を解説しますので参考になさってください。

スポンサードリンク

  

年明けの年賀状はいつまで出せる?

年賀状を出すことができるのは1月7日の松の内までとなります。ですので、相手に届くのが7日以降になる場合は、代わりに寒中見舞いとして出すと良いでしょう。

※1月7日を過ぎる場合はこちら⇒年賀状の返事を寒中見舞いとして出す書き方と文例

では、ここからは松の内を過ぎていない場合、年賀状として返事を書く方法を解説します。この返事(年賀状返礼)は通常の年賀状とほぼ一緒ですが、書き加えた方が良い言葉があります。

年賀状を遅れて出す際の書き方

書き加えた方が良い言葉とは、もらった年賀状へのお礼と、返事が遅れたことへのお詫びです。失礼のないように一言加えましょう。

基本的な構成は


1.賀詞
2.年賀状をもらったお礼
3.年賀状を出さなかったお詫び
4.相手の健康や今後の交誼を願う言葉


となります。日付は年賀状を出した日のもので大丈夫です。また、はがきは年賀はがきで出します。

印刷した年賀状で送る場合も、お礼とお詫びを手書きで一言添え書きすると気持ちが伝わりますよ。次の章にメッセージ文例がありますので参考になさってください。

また、あなたが喪中のときに年賀状が届いたら寒中見舞いで喪中を知らせることもできます。

スポンサードリンク

年賀状の返信が遅れた時のメッセージ例文

前章で紹介したように、お礼とお詫びの一言を入れてメッセージを書きます。その他の言葉が思い浮かばない場合は下記記事の文面を参考にして下さいね。

【参考記事】
年賀状に書く一言で目上の先生や上司先輩への添え書きと例文
年賀状の書き方で年下への一言添え書きと部下や後輩へのメッセージ文例
親戚への年賀状はどこまで出すか 一言添え書きや文例メッセージもご案内


では、お返事が遅れた際の年賀状文例をご紹介します。


あけましておめでとうございます
ご丁寧なお年賀状をありがとうございました
年賀状が遅れてしまいましたことをお詫びいたします
今年もよろしくお願い申し上げます



謹賀新年
お年賀状を賜り御礼申し上げます
お返事が遅れてしまい申し訳ございませんでした
本年もよろしくお願い申し上げます



初春のお慶びを申し上げます
ご丁寧な年賀状を頂戴いたしまして恐縮しております
年末年始は留守にしており年賀状が遅くなりましたことお詫び申し上げます
皆様にはご健康で幸多き一年でありますようお祈り申し上げます



恭賀新年
年頭のご挨拶ありがとうございました
年末年始は帰省しており年賀状が遅れてしまいましたこと申し訳ありませんでした
季節がらお身体には一段とご留意ください



新年おめでとうございます
ご丁寧な初春のご挨拶をありがとうございました
ご挨拶が遅れ申し訳ございません
皆様に幸多き年でありますように



謹んで新春をお祝い申し上げます
お心のこもったお年始状を賜り厚く御礼申し上げます
年末に仕事が入りましてご挨拶の筆をとることができなかったことお許しください
本年も変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます



あけましておめでとうございます
ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました
年末の慌ただしさにまぎれ年賀状を書けずじまいになってしまい申し訳ありません
お身体にご留意なされてますますご活躍ください



謹賀新年
ご丁寧なお年賀状をいただき有り難く存じます
急な出張で年賀状が遅れましたことをお詫び申し上げます
素晴らしい一年でありますように



新年おめでとうございます
新春のご挨拶をいただきましてありがとうございます
本年も年を越してからの挨拶にて失礼いたします
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます



恭賀新年
年賀状どうもありがとうございます
年末にインフルエンザにかかってしまい年賀状を書けずじまいになってしまいました
皆様もお身体に気をつけてますますご活躍下さい

遅れて返す年賀状まとめ

遅れて返事を出す場合の年賀状はこのような感じになります。

これだけでなく、相手から来た年賀状の内容に沿ってメッセージや自分の近況などを加えると、温かみのある年賀状になりますよ。

年賀状の作り方を画像付きで解説⇒年賀状をパソコンで作成する無料の方法と印刷の仕方を解説

スポンサードリンク