友人の結婚式のご祝儀にいくら渡す?祝儀袋の書き方やお札の入れ方の常識 

友人の結婚式のご祝儀はいくら?

お友達が結婚することになり、結婚式に招待されたらご祝儀を持って行きますよね。

ご祝儀には守った方が良いマナーがあります。

ここでは

・友人へのご祝儀はいくら包むのか
・御祝儀袋の書き方
・お札の入れ方と袋の包み方

を解説しますので参考になさってください。


当日のご祝儀袋の渡し方はこちら⇒結婚式当日のゲストのマナー
招待状の返事の書き方はこちら⇒結婚する友人への嬉しい一言メッセージ

スポンサードリンク

  

友人の結婚式に渡すご祝儀はいくらが相場?

友人の結婚式に渡すご祝儀の金額は2~3万円と言われています。


ただ、地域によって風習が違うという場合もありますので、周りに確かめてみるのが確実です。

因みに私が友人の結婚式・披露宴に招かれた時は3万円を包んで渡しました。
一緒に参加した知人にいくら包んだか聞いてみましたが、皆3万円という回答でした。


お札の枚数が2、4など偶数で割り切れる数だと別れを想像させますので、3、5のように奇数の祝い金が縁起が良いと言われていますが、例外的に2万円は認められているそうです。

やはり気になるので奇数にしておきたい、相手が縁起を気にしそうな性格だ…と思う方は無難に奇数にしておいた方が良いでしょう。


また、2万円を奇数にする方法もあって、1万円札と5000円札2枚を合わせて3枚とカウントさせることもできます。

友人の結婚式のご祝儀袋の種類と書き方

友人の結婚式のご祝儀袋の種類と書き方


結婚式に持っていくご祝儀袋の種類は


・水引は結び切り
・のし付き


のものです。


水引とは、袋を止めるヒモのようなものです(画像のご祝儀袋を結んでいるもの)

これは大きく分けて蝶結び、結び切りの2種類がありますが、婚姻の際は両端をひっぱっても結びがほどけない結び切りを選びます。

あわじ結び輪結び も結び切りの仲間ですので結婚式のご祝儀用に使えます。


のしとは、写真のご祝儀袋の右上に付いているものです。
長く続いてほしい、おめでたい、という意味で使われています。


祝儀袋は中の金額が高くなるほど豪華なものを使いますが、2~3万円ですと少し華やかなレベルのもので大丈夫です。

近年よく見かける、カラフルでかわいいご祝儀袋は正式なものではありませんが、気軽な間柄の親しい友人の結婚式になら使用しても問題ないでしょう。


ご祝儀袋に文字を書く時は毛筆で書きましょう。
筆ペンなどで太くハッキリと書くのが基本です。


さて、書き方です。

外袋の表

上:「寿」「御祝」「御結婚御祝」など
下:自分の氏名


内袋の表

金○○円(例:金参万円)

内袋(御祝儀袋の内側に入れる封筒など)の表には、自分が入れる金額を書きます。

金額に使われる漢字は

一…壱
二…弐
三…参
五…伍

と続きます。


内袋の裏

自分の住所と氏名


住所氏名は、内袋裏側の左下に、縦横1センチくらい余白が開くように書くとよいでしょう。
住所氏名を書くための枠があらかじめあるタイプの内袋の場合は、枠内に書きます。

スポンサードリンク

結婚式のご祝儀の中のお札の入れ方包み方

最後に内袋にお札を入れ、外袋で包みます。

お札は新札が良いとされています。銀行や郵便局で手に入れられます。
新札が用意できない時は、折り目の無いピン札でも問題ないです。
私もキレイなピン札を包みました。


お札を入れる際は、内袋の表「金○○円」と書いた側にお札も表が来るように。
お札の向きは、お札の肖像画が上に来るように入れます。
もちろん、全部のお札の向きは揃えましょうね。


次は内袋を外袋で包みます。

外袋の裏側に上と下の折り返しがありますが、下側が上になるように重ねてください。
そうすると、折り返しが上向きになるので祝い事を意味し、上昇するおめでたい気持ちが表せます。


披露宴当日は、お祝儀袋は袱紗(ふくさ)に包んで持っていきましょう。
袱紗がない場合は大きめのハンカチで代用できますよ。

当日のご祝儀袋の渡し方⇒結婚式でのゲストのマナーと受付でのご祝儀の渡し方

友人の結婚式の御祝儀まとめ

友人への御祝儀はこんな風に用意するということが分かりました。

基本を抑えれば難しいことではないので、安心して結婚式に行ってきてくださいね。

お呼ばれ女性の服装やバッグや二次会の格好はどんなの?
結婚式のお呼ばれドレスのレンタルはこちらから

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする