暑中見舞いの書き方で目上の人へはがきを出す場合のマナーと文例~上司や先生へ



上司や先生・先輩など目上の人への暑中見舞いを書く際に、どのように書いたらいいか悩みますよね。

ここでは

・目上の人への暑中見舞いの書き方
・暑中見舞いのハガキを出す時のマナー
・暑中見舞いの例文で上司や恩師向けのもの

をご紹介します。


すでに暑中見舞いが送られてきていて、これから返事を書く方はこちらをご覧ください⇒暑中見舞いの返信マナーと例文

スポンサードリンク

  

暑中見舞いの書き方~目上の人へ

暑中見舞いの文章構成は

1.「暑中お見舞い申し上げます」の言葉
2.相手の安否を問う言葉
3.近況報告
4.今後の抱負や交誼を願う言葉
5.相手の健康を気づかう言葉

のようになります。

最初の言葉は「暑中お伺い申し上げます」の方が目上の方には丁寧です

しかし、仲の良い部活の顧問や学校の担任の先生、習い事の講師など親しい関係だと思える相手なら、そんなにかしこまった文章でなくても大丈夫です。親しみを込めて書きましょう。

また、しばらく会っていない恩師や元上司などには自分の近況を書き、元気に過ごしていることを伝えると良いですね。

暑中見舞いのはがきを出す際のマナー

暑中見舞いとして葉書を出せる時期は決まっています。

7月の中旬ごろから立秋(8月8日ころ)までの間です。

それ以降に出す場合は残暑見舞いとして出しましょう。

その際は、いまからご紹介する文例の書き出しの「暑中お見舞い申し上げます」は「残暑お見舞い申し上げます」に変わります
(「暑中お伺い申し上げます」は「残暑お伺い申し上げます」になります)

スポンサードリンク

暑中見舞いで上司や先生・先輩向けの文例を紹介

・上司・職場の先輩へ

暑中お見舞い申し上げます
暑い日が続きますが、元気でお過ごしですか?
今年の夏は帰省し、疲れを癒してまいりました。
休暇が終わりましたら、今まで以上に仕事に励みたいと思います。
まだまだ暑い日が続きそうです。くれぐれもご自愛ください。

暑中お見舞い申し上げます
梅雨も明け、夏本番となりましたが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
休暇を利用して○○へ行き、心身ともにリフレッシュしてまいりました。
これからも一層仕事に励んでまいります。どうかよろしくご指導くださいませ。
蒸し暑い日が続くそうですので、くれぐれもお体にはお気をつけください。

暑中お伺い申し上げます
暑さ厳しい折、お変わりございませんか。
おかげさまで休暇には帰省し、英気を養ってまいりました。
まだまだ未熟者ゆえ、これからも変わらぬご指導をよろしくお願い申し上げます。
しばらくは暑い日が続くようですので、ご自愛くださいませ。

暑中お伺い申し上げます
蝉の声が聞こえてくる今日この頃。いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
○○のプロジェクトではお世話になり、ありがとうございました。
これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
今年は炎暑のようですが、くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。


・先生・恩師へ

暑中お見舞い申し上げます
梅雨もようやく去り、本格的な暑さとなりました。
先生にはお元気でお過ごしのことと存じます。
夏休みに入り実家に帰省しましたが、課題とレポートに追われています。
休み明けにはまた学校で、貴重なアドバイスをよろしくお願いいたします。
夏風邪が流行っていると聞きましたので、くれぐれもお体にはお気をつけください。

暑中お見舞い申し上げます
一段と暑さが厳しくなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は今年上京し一人暮らしを始め、目まぐるしく過ごしております。
夏休みには帰省しますのであらためてご報告に向かいます。
猛暑が続く毎日ですのでご自愛ください。

暑中お伺い申し上げます。
冷夏で過ごしやすい日が続いておりますが、お元気でしょうか。
今年は○○のリーダーに抜擢されました。一層頑張らねばと思っております。
また迷うことがあるかと存じますので、よろしくご指導のほどお願い申し上げます。
お忙しい毎日をお過ごしでしょうが、くれぐれもご自愛くださいませ。

暑中お伺い申し上げます。
暑さが一層と厳しくなってまいりましたが、先生にはお元気でご活躍のことと存じます。
先日、学生のころ合宿で訪れた○○へ行ってまいりました。皆で○○を食べましたね。
次の休みにそちらに伺うことを楽しみにしております。
これからが暑さ本番です。お体大切にされてくださいね。

まとめ

上に文例をあげましたが、実際は距離が近い相手にはもう少し砕けていても大丈夫です。

昔お世話になった先輩や、元気にしているか気になる先生などに、気軽に書いてみてはいかがですか?

スポンサードリンク