冷え性さんがクーラーで寒いオフィスで夏を過ごすための対策と服装


夏、外は暑いけど、建物の中に入ったらクーラーがガンガン効いていて寒い!
ということはありませんか?

私は冷え性なのですが、会社のデスクに座って仕事をしているときが一番つらいです。
このままでは体に悪いと思い、冷え取りの方法をいくつか試してみました。

よろしければ参考になさってください。

スポンサードリンク

  

冷え性のあなたがオフィスで夏に寒いと感じたら

オフィスでエアコンの風が寒いと感じたなら、(言える環境ならば)職場の人にそのことを伝えましょう。

私の同僚のOLが、空調が冷えて寒いのを我慢していたら、体調を崩してしまった人がいます。真っ青な顔をして早退していきました。

そうなる前に勇気を出して、「少し温度を上げてもいいですか?」「すみません、ちょっと寒いです」などと言ってしまいましょう。言いづらい場合は腕をさするとか、ちょっと寒そうな動作をすれば、誰かが気づいてくれるかもしれません。

ただ、他の人が暑そうにしていたり、忙しそうにしていたら言い出しにくいですよね。

そんな場合は次の章からの方法を試してみることをおすすめします。

夏の冷え性の対策方法

デスクに座りっぱなしで仕事をされている方は、ずっと同じ体勢をしているせいか、血液の流れが悪くなることがあります。
そんな時には、ふくらはぎを揉むと血液が循環されますので、冷えも多少は改善されることが期待できます。私も長時間座っていることが多いので、たまにふくらはぎをマッサージしています。


また、オフィスで飲む飲み物は極力冷たいものは避けましょう。できればぬるめか温かいものが良いです。
冷たいものを飲んでしまい、そこにクーラーの冷えがプラスされると下痢などの体調不良がおこる可能性があります。お腹が弱い人は特に注意しましょう。


それから、これは私が通う整体院の先生から伺った話ですが、夏に体が冷えることの原因の一つに、汗をかいてから涼しい室内に入って、かいた汗が冷たくなり体を冷やす…ということがあるのだそうです。

私は夏によくお腹を壊していましたが、よく考えればそれが原因かもしれません。

その先生のおすすめの冷えとり方法が、お腹にキッチンペーパーを挟むことです。
下着の下に、直にお腹に触れるようにキッチンペーパーを挟むんですね。汗をかいたらキッチンペーパーが吸収してくれるので、お腹が冷えないというわけです。

騙されたと思ってやってみましたが、お腹の不具合は解消はされました。
ただし、この方法は服の外にキッチンペーパーを落としてしまうとかなり恥ずかしいので気をつけましょう。汗を吸収したキッチンペーパーはすぐ取り換えるのも忘れずに。

また、今は汗を吸収してくれる素材の下着が売っていますので、そのようなものを着てみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

夏の冷え性予防の服装

冷え対策として私の周りの女性がよくしているのが、オフィスにカーディガンを持ってくる(着てくる)ということです。カーデガンを着たり脱いだりして体温調節ができます。

夏用カーディガンって結構薄手のものが多い印象ですが、私はそれだと寒かったです。
なので、なるべく厚手のカーディガンを探して購入するようにしています。
私の同僚はよほど寒かったのか、冬用のブランケットを持ってきていましたが…

オフィスが凄く冷えているという方は温かい上着を着て、体を冷やさないようにしてくださいね。


それから、私のイチオシなのがひざ掛け。夏用の薄めのひざ掛けがあるのですが、これがあるだけで全然違いますよ!足を温めると全身が温かくなった気がします。スカートを履かなければならない方は特に重宝すると思いますよ。


また、手足が冷える方には汗を吸収する素材の靴下や、ズボン・パンツ着用ならレッグウォーマーで足をカバーしましょう。
(外で着てたら暑いので、会社に来てからこっそり着用しましょう)

腕が寒い方は先ほどのカーディガンをオススメしますが、アームカバーという手もあります。
私の会社は割と服装が自由な方なので、スカーフやストールをしている方もいます。首回りの冷え対策ですね。アームカバーやスカーフは、外で着ければ夏の紫外線対策にもなりますし一石二鳥ですよ。

夏の冷え性対策まとめ

クールビズや節電と言われていても、冷え性の人にとってはエアコンの効いたオフィスは寒いですよね。

今年も工夫しつつ、お互い、夏の日差しとエアコンの風に負けないように過ごしましょう。

甘酒も冷え性に効果があるそうです⇒酒粕を使った甘酒の作り方~飲み方アレンジ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする