秋田大曲の花火を見る場所おすすめと穴場スポット7選

大曲の花火大会

秋田県大仙市大曲で毎年夏に開催される全国花火競技大会。
大曲の花火として有名で、当日は沢山の見物客で賑わいます。

ここでは

・大曲の花火の会場
・大曲の花火大会会場の席の取り方
・大曲の花火が見られる会場以外の見物場所

をまとめましたので参考になさってください。

スポンサードリンク

  

秋田大曲の花火大会の場所

まずは、大曲の花火大会の基本情報です。

大曲の花火大会

日程     2018年8月25日(土) ※雨天決行(荒天時は順延)
時間     昼花火17:30~/夜花火18:50~
会場     雄物川(おものがわ)右岸河川敷
打ち上げ場所 会場と反対側の川岸


会場はJR大曲駅から徒歩30分ほどの距離です。

大曲花火大会会場マップ

大曲の花火を見るのにおすすめの場所

当日の会場で大曲の花火が見られる場所は、桟敷席と自由席(エリア)があります。

桟敷席

A席…コンパネ敷き畳 2枚分(1.8m×1.8mの広さ) 23000円
C席…護岸 堤防の斜面の席(2m×2mの広さ) 15000円
イス席…パイプイス 3000円
会場図 第92回大会の観覧会場イメージ

・直接販売 2018年7月1日(日)大曲商工会議所会館にて09:00頃抽選後に販売
・インターネット販売 2018年6月8日(金)10:00~6月28日(木)23:00
(購入⇒第92回全国花火競技大会(大曲の花火)ローソンチケット

自由観覧エリアは昨年は無料でしたが今年は有料です。料金は当日支払います。

自由観覧エリア

金額 一人1000円 ※高校生以下無料
※詳細は決まり次第公式HPに掲載


参考
「大曲の花火」全国花火競技大会
大曲の花火ポータルサイト

次の章では会場以外の花火を見る場所をご紹介します。

スポンサードリンク

大曲の花火会場以外の穴場スポット

では、会場以外の花火が見えるスポットをあげていきます。
場所によっては音楽が聞こえない、仕掛け花火が見られないなどありますので、確認の上どこで見るか決めてくださいね。


  • グランドパレス川端もしくはボウリング場近くの土手


大曲駅から駅前の花火通り商店街を通過し、10分から15分ほど行くとグランドパレス川端という式場があります。その近くで見るか、近くのボウリング場そばにある土手からも見られます。土手は舗装されており、シートを引いて座ることができます。

花火は大きく見え音楽も聞こえ臨場感はあるのですが、始まってすぐの仕掛け花火は見えません。

お昼頃には人が混雑するので早めに場所取りをした方が良いようです。


  • しまむらとTSUTAYAの間の橋


橋が高い場所にあるので障害物など邪魔なものが無く花火が見られます。

音楽を聞くのにはラジオ中継を利用すると良いですよ⇒FMはなび


  • 大曲中学校近くの農道・土手


打ち上げ花火は見られますが、仕掛けは内は見えないかもしれません。打ち上げ場所に割と近いです。また、大曲中学校野球グラウンド裏の土手なら会場の音楽も聞こえます。

因みに、河川敷などで場所取りの際はシートを敷いて、名前を書いたペットボトルや雑誌を置いて固定しておくと良いそうです。


  • 仙北自動車学校付近(丸子川河川敷)


あまり人が多くないそうです。花火は小さめに見えますが、ゆったり見たい方には向いています。


  • 興栄建設近くの農道


打ち上げ花火は見られますが、仕掛け花火は見えません。


  • 姫神公園


遠くから見るならここ。展望が良いです。遠目ですが花火全体が見られます。トイレあり。
大曲インターから車で約10分ほど。


  • イオン大曲店


離れていますが花火は見えます。穴場ポイントかも?
音楽を聞くならラジオがあった方が良いです。

大曲の花火大会まとめ

大曲の花火を見る場所は意外とたくさんありますが、全国的に有名な花火大会ですので沢山の人手が予想されます。

当日は虫よけ対策、飲み物など忘れず楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする