弘前公園の桜の見どころスポット 幻想的な花筏にかわいいハート型?



5月のGWになれば日本の桜は大体散っている時期ですが、北の方では例年まだ咲いている場所があります。

特に有名なのが日本さくら名所100選にも選ばれた、青森県弘前市の弘前公園のソメイヨシノです。弘前公園にはソメイヨシノとそれ以外にも数種類の桜があり、どれも毎年キレイな風景を楽しませてくれます。

また、弘前さくらまつりは2018年で100周年。

今回はその中でも特におすすめの場所をご紹介しますので、参考になさってください。

弘前公園へのアクセス方法はこちら⇒新幹線・車での行き方と駐車場情報&最寄り駅から弘前公園へバス・徒歩での行き方

スポンサードリンク

  

弘前公園の桜の見どころスポット

弘前公園の桜の見所スポットは複数あります。

  • 桜のトンネル
公園の周りにある、街と城の境目の外濠です。
西濠からは桜並木、桜のトンネルが見られる場所があります。


  • 西掘りボートから見る桜
2018年4月21日(土)~5月6日(日)は弘前さくらまつりですが、その期間中はボートを借りることができます。
左右を桜に囲まれて、ボートに乗りながらお花見というのも良いですね。

ボートを借りられる時間は9:00~17:00。
料金は60分1000円です(雨天時は営業見合わせの可能性あり)


  • 夜桜

弘前公園は桜祭りの期間中、夜になると桜がライトアップされます。時間は日没から23時まで予定されています。

ライトアップされた桜が水面に映る光景は美しいです。夜までいられる方にはオススメのスポットです。

弘前公園内の地図はこちらが分かりやすいです⇒地図で見る弘前公園/弘前公園公式サイト

スポンサードリンク


お花見スポットだけでなく、弘前公園には珍しい桜も多数あります。

  • 日本最古のソメイヨシノ

弘前公園の二の丸にあるソメイヨシノは日本最古と言われています。なんと植えられたのはは1882年…歴史を感じますね。


  • 日本最大幹周のソメイヨシノ

日本一太いソメイヨシノです。その太さは5.37メートル。
場所は三の丸、相談所裏です。


  • 大枝垂れ

オオシダレは弘前公園内で最大の枝垂れ桜です。
2011年大雪で倒れましたが、復活プロジェクトで再生。この模様はNHKで放送されたそうです。


  • 八重紅枝垂れ

ヤエベニシダレは明治時代に仙台から贈られた桜です。
その名の通り八重咲の桜で淡紅色をしています。
場所は本丸・二の丸・北の郭にあります。


その他にも弘前公園にはいろいろな種類の桜があります。




桜の開花状況はこちらで見られます⇒弘前公園の桜の開花情報

弘前公園の桜の花筏

花筏(はないかだ)は、桜の花びらが散り水に浮かび、まるで桜色の絨毯(じゅうたん)が敷き詰められたかのような美しい光景です。

こんな感じです⇒花筏の画像

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にもとりあげられていて、海外からも注目されているスポットです。

花筏専用の予報はこちら⇒弘前公園花筏予報

弘前公園の桜がハート型に見える場所

この場所は近年注目されているそうです。
桜の木が合わさってハート型に見えます。可愛いですね。

場所は公表されていませんが、噂では二の丸南門の近くとか…?
地面にハート型の目印があるようですので、近くに来れば分かるかもしれませんね。

因みにこの場所も ライトアップされているそうです。


こんな感じです⇒桜のハート画像

弘前公園の桜まとめ

青森県弘前公園の桜は種類もみどころも豊富です。

また、公園には弘前城や濠もあり、桜とお城、桜の水鏡など、なんとも風情な光景を見ることもできます。

さくらまつりの期間は出店もたくさんありますので、4月下旬~ゴールデンウィークのお出かけにはもってこいですね。

弘前公園へのアクセス⇒新幹線・車での行き方と駐車場情報&最寄り駅から弘前公園へバス・徒歩での行き方


【さくら名所100選で有名な白石川堤一目千本桜】
大河原の桜まつりのおすすめスポットと一目千本桜の開花状況
大河原の一目千本桜へのアクセス 電車での行き方と車の駐車場と料金

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする