ジムのエアロビクスで初心者はついていけない?上達のコツはこれだ!

ジムのエアロビクスで初心者はついていけない?上達のコツはこれだ!

私はスポーツジムに通っていますが、そこでエアロビのレッスンに参加しています。


この間、新しく入ってきた人に「難しくないですか?初心者の私でも大丈夫か不安になって…」と聞かれ、自分も同じような気持ちだったなーと思いだしました。


そこで私自身の体験も参考に、フィットネスクラブのエアロビはどんな感じか、難しいか、上達のコツなどお話ししようと思います。


スポンサードリンク

  

ジムのエアロビクスは初心者でもできる?

初めてのレッスンの待ち時間は緊張でドキドキでした。なんせ、生まれてこの方エアロビなんてやったことがありません。


とりあえず後ろの方で待機。隣には見知らぬおばあさん。ふと周りを見ると、若い人から年配の方まで参加者の年代は様々です。結構本格的(?)なウェアを着ている方々もいて、きっと上手いんだろうな、難しいかな、できなかったらどうしよう…などと考え込んでいました。


スポーツジム初心者の服装で女性はこんな感じ~スタジオ着もどこで買う?


やっぱりやめとけば良かったかも…なんて思い始めた矢先にインストラクターの先生が登場。レッスン開始です(そして隣のおばあさんの別人のようなキレッキレの動きに驚く私……)



振りはインストラクターさんを見本にするのですが、これが難しい。ステップのやり方が理解できず頭も体もついていかない。


「◯※◯×!」「◯△※◇!」


何かインストラクターさんが指示をだしているけれど、良く分からないのでもはや宇宙語に聞こえるレベル。


はい、私は間違いなくスタジオ内で一番下手な人でした……


高齢者なのにキレッキレなおばあさんの横で見当違いの動きをする私。そんなめちゃくちゃな動きで体力を消費しつつ、なんとかエアロビのレッスンも終わりに。



……途中の水分補給の時間がなかったら、きっと別の意味で終わっていたと思います(笑)



やってみて分かりましたが、エアロビクスはかなりの運動になります。脂肪燃焼の効果があるとか、心肺機能が上がるエクササイズだとか言われるのも納得です。


最初のレッスンは散々でしたが、音楽に合わせてダンスをするのは楽しかったです。終わった後は気持ちのいい疲労感もありました。


そしてやり遂げた充実感に包まれつつ、次の日からは筋肉痛と戦うことになることを、この時の私はまだ知らないのでした……

ジムのエアロビについていけないかも?

こんな風に私のエアロビは最初はひどいものでした。トレーナーさんが何を言っているかも理解できないレベルです。


でもあなたは大丈夫。次の章で解説しますが、私の体験も踏まえたコツを知れば、きっとスムーズにエアロビを踊れるようになります。


最初のうちはたぶん私と同じように苦労すると思いますが(笑)



冒頭でお話した新しく入ってきた人も同じく「ついていけない!」と言っていました。経験者でもない限り、みんな最初はそんな感じなんですね。

スポンサードリンク

なので、自分だけじゃないと思えば気持ちだけでも楽になります。また、最初は恥ずかしいかもしれませんが、一生懸命レッスンに集中していれば恥ずかしがるヒマもないかも。


私も実際、途中から楽しむことができました。よく考えたら周りの人もレッスンに集中してますし、インストラクターさんも初心者さんなんて見慣れてますよね。あまり深く考えずに楽しんだもの勝ちかもしれない。


ジムのスタジオレッスン初めての時のおすすめと流れや人間関係など


ただ、持病がある、激しい運動が負担になるなど、健康面で不安がある場合は事前にスタッフさんに相談してください。


途中で体調が悪くなった場合も怪我をする前に中止した方が良いです。レッスン中は自分の体調にも気をつけて、絶対に無理しないように注意しましょう。

エアロビクス上達のコツってあるの?

まずは初級レベルのレッスンを選択することです。


初心者対象のクラスか分からない場合、ジムのフロントやスタッフさんに「初心者でもできますか?」と聞けば答えてくれます。私も確認してから参加しました。


初心者クラスでも最初はついていけず焦りましたが、パニックにならず頭は冷静、集中を心がけて落ち着くよう心がけてから無駄な動きが減りました。



通い続けて分かったことは、振り付け(コリオグラフィー)は1か月くらい同じものをやるということ。次の月になるとまた違った振付になります。


すべてのジムがそうかは分かりませんが、月初めから1か月参加すれば上達する可能性が高いと思います。



また、私は慣れてきた頃に他のクラスにも参加してみました。他のインストラクターさんがコーチをするエアロビレッスンです。もちろん初心者向け。


すると……振り付けが違う!


同じような動きはあるものの慣れない動きもあり、なんだか初めてのレッスン時に戻ったような貴重な体験に(そしてまた隣にキレッキレのおばあさんがいるという……)


ここから学んだことは、同じクラスに通い続けた方が上達が早いということ。都合がつくなら、同じインストラクターさんのレッスンに参加すると良いと思います。その方が上手くなるのが実感できて続けやすいかと。



エアロビの振りに関してはパターンがあります。それを覚えると結構楽になりますよ。私は振りの名前と基本動作を覚えてからだいぶスムーズに動くことができるようになりました。


宇宙語に聞こえていた言葉も


サイドステップ
ヒールタッチ
マンボ
レッグカール


など聞き取れるようになりました。



そうすると、もっとインストラクターさんのお手本がよく見える場所に行こう、と向上心が。最初は恥ずかしくて、ほかの人に見えないよう後ろの方で踊っていましたが、最近ではスタジオの真ん中くらいでレッスンを受けています。インストラクターさんが良く見えた方が分かりやすいので場所取りも重要ですね。


また、慣れてきたら鏡で自分の姿が見える場所も良いかと。自分ではちゃんと振り通りに動いているつもりでも、鏡で見てみるとアレ違う?ということもあります。私も鏡に写る場所でアレ?と思って改善しました。客観的にチェックできるのでおすすめです。



あとは楽しく、です。
強制されているわけではなく自由。自分が望んでレッスンにきているんだ。嫌だったらやめよう。くらいの気持ちで私は通っています。自宅でトレーニングもしていません。疲れるから(笑)

けれど現在でもエアロビは続けられています。

ジムでエアロビまとめ

最初にお話した初心者の方も、ダイエット目的で通い続けることにしたそうです。「痩せる!」と意気込んでいました。


慣れるまでは大変かもしれませんが、続けば本当に楽しいですよ。


エアロビ、かなりいいです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする