サッカー観戦に初めて行って良かったこと失敗したこと体験談

サッカー日本代表戦初観戦

人生初のサッカー観戦に行ってきました。

自分で体験してみて、

もっとこうしておけば良かった~

ということや、

これを用意しておいて大正解!

など色々分かったので、初めてのサッカーの試合観戦について……失敗談も含めて、楽しかったこと面白かったことも含めて、お話しますね^^


スポンサードリンク

  

サッカー観戦に初めて行って良かったこと


・チケットの座席はスタンド席にした

スタンド席とは、グラウンドを横に見渡せる席のことです。チケットは指定席になりますので、席取りは不要です。


お値段が安いのはゴール裏となりますが、場所取りをしなければいけなかったり、激しい応援の中、試合を観戦しなければならなかったりと、初心者にはハードルが高いかもしれません。

と言うわけで、初めて行く場合は、スタンド席がおすすめかなと。


実際、私もゴール裏のチケットが安くていいなあ……と最初は思いました。でも、ゴール裏の応援テンションに付いていけないかもしれない(体力的に)と考え、メインスタンドでゆっくり試合を観戦することにしました。


結果、問題なく楽しむことができましたよ。


メインスタンド側で選手の入場や監督や交代時の選手、試合後の挨拶なども見られて良かったです。

スタンド席から見えるゴール裏の盛り上がりも凄かったので、いつかは挑戦したいですね。


・応援するチームのカラーの服を着た

私が行ったのは代表戦だったので、ブルーの服を着て行きました。

ユニフォームを着ているお客さんが結構居たので、なんとなく同化してました(笑)

それに、同じ色の服を着ているだけで、応援する気持ちも上がりましたよ!


・持ってきてよかったもの

まずはウエットティッシュ。

私の座った席は、前の日に雨が降ったせいで座席が濡れていました。


そんな時に、持ってきたウエットティッシュが役立ちました。10枚くらいの携帯用のものを持参しましたが、軽食を食べる前に手を拭くのにも使えて便利でしたよ。


あとはレジャーシート。これってゴール裏の自由席を確保したり、待機列に並ぶときに使うらしいのですが……

私、スタンド席を取ったのに間違えて持ってきちゃったんです。


失敗したなあ……と思っていたのですが、座席が硬いのに気づいたとき「あ、レジャーシートがあった!」と(笑)

100均で買ったコンパクトに折りたためるシートだったので、持ち運びも簡単で。買っておいて良かったです。


って、一番いいのは最初からクッションを持ってくることかもしれない^^;


ということで、座席に敷くクッションやシートがあると良いですよ!

サッカー初観戦で持って行った持ち物は別の記事で書きますね。

サッカー観戦初めてで失敗したこと


・カメラの容量を開けていなかった

カメラと言うかiPhoneのカメラ機能を使っていたのですが、途中から容量が少なくなってしまって……。ハーフタイム中にセッセと要らない写真を消去することに。


あらかじめ、PCやメモリーカード、クラウドなどを使い、容量には余裕を持って行きましょう。

スポンサードリンク


・スマホやカメラのバッテリー

これも盲点でした……。

スマホのバッテリーが減って焦っちゃうんですよね。帰りまでもつかコレ?って^^;


こういう時、モバイルバッテリーを持っていれば余裕が生まれますよ。


帰りが遅くなっちゃったり何があるか分からないので、常にスマホを使える状態にしておきたいです。

写真やムービーもたくさん撮りたいですし^^


・荷物の大きさ

今回サッカー観戦が初めてだったので、ネットの情報を元に持っていけるものは全て鞄に入れていきました。


その結果、結構大きな荷物になってしまって……正直、ちょっと邪魔だったかなーと。


当日はどんな感じ何だろう?と頭の中でシミュレーションしてみて要らない物は入れなくていいかもですよ。


私は厚めのひざ掛けを持って行ったせいで鞄がかさばりました。今度からは、持ち運びできる薄くてあったかいのを買おうと思います……。

・観戦グッズを買えばよかった

ユニフォームでなくても、タオルマフラーとか、ちょっとしたワンポイントになる応援グッズがあれば良かったです。


一応、代表グッズのチケットホルダーは持って行ったのですが……


ユニフォームやタオマフは着用している人が多くて。会場との一体感というか、応援してる感が増しそうです。記念にもなりますしね

ちなみにタオマフは夏は汗を拭くのに、冬は防寒になる優れものだそうですよ^^

サッカー観戦良かったことと失敗談まとめ

事前のリサーチと準備はやはり大事ですね。

私も今回の体験を生かして、次回は万全の態勢で観戦しようと思います!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする