インフルエンザワクチンの効果と副作用~今年はどうするか実際の体験談も



毎年冬になると季節性のインフルエンザが流行しますが、マスクや手洗い以外の対策として、インフルエンザの予防接種を受けるという選択肢があります。

ですが、そもそもインフルエンザのワクチンって効くのでしょうか?

また、副作用があると言われていますが、どんな症状でどれくらいの確率でかかるものなのでしょう?

先日、インフルエンザのワクチン注射を受けてきた私の体験も交えて解説しますので、ワクチン接種に迷っている方は参考にして下さい。

スポンサードリンク

  

インフルエンザのワクチンの効果は?

まず、ワクチンを接種した場合の効果はあるのでしょうか?


ワクチンとは、病原体(病原となるウイルスや細菌)の毒性を弱めたり無毒化したもののことです。

病気にかかると病原体に対する抵抗力が体内にできますが、それと同じようにワクチンを接種し体内に入れることで、病気への免疫ができます。インフルエンザのワクチンも同じです。

ワクチンに入れる、病原体となるウイルス(ワクチン株)は、毎年インフルエンザの型から流行するであろうものを4種類選び、組み合わせて製造されます(2014/2015以前は3種類)


ですので、毎年違う型のワクチン株になることが多いですが、上手くその年流行の型と一致すると有効性は高くなるということですね。

また、ワクチンを接種していても感染することもありますが、症状は軽く済むことがわかっています。

インフルエンザのワクチンの副作用

インフルエンザの予防接種で気になるのが副作用(副反応)です。

軽度の副作用(局所反応)…接種した場所の赤み、腫れ、痛みなど→10~20%程度
全身反応…発熱、頭痛、寒気、だるさ→5~10%

次の章でも書きますが、私が行った病院の先生の話では、局部が腫れたり赤くなったり痛む人が一番多いとのこと。
上の副作用の結果と同じですね。

また、まれにですが以下の症状もあります。

ショック、アナフィラキシー様症状…発疹、じんましん、赤み、かゆみ、呼吸困難など
重い副作用…ギラン・バレー症候群、急性脳症、急性散在性脳脊髄炎、けいれん、肝機能障害、喘息発作、血小板減少性紫斑病など


副作用があるからワクチンを受けたくないという人がいるのも分かりますね。

スポンサードリンク

更に、非常にまれですが死亡例もあります。


また、下記資料の年齢別内訳を見ると、0~9歳が副作用の報告数が多かったようです。他にも、症状の例や報告された人数も載っています。

参考:インフルエンザワクチンの副反応報告状況について―平成27年10月1日から平成28年4月30日まで(厚生労働省)

インフルエンザワクチン接種はどうする?体験談

先日私がワクチン接種をしてきたときにも、先生に上記の副作用のことを説明されました。

「一番多い副作用は、注射したところが赤くなったり腫れる人が10人に1人か2人です」
「昨年副作用がなかった人でも、今年はある場合があります」
「ショック、死亡例は今のところ当院ではありません」

などなど…。


当日は、問診票に記入(卵アレルギーや持病、体調によっては受けられない)→検温・血圧測定・診察→予防接種の説明→ワクチン接種という流れでした。

「お風呂は入ってもいいけどあんまりこすらないで下さいね」とのこと。

最後に、何かあった時の連絡先もいただきました(病院が閉まった後も先生の番号に転送されるそうです)


今も元気ですので、副作用はなかったようですね。

私は5年連続でインフルエンザのワクチン接種をしているのですが、針を刺したところを押すと、ちょっと痛いかな?くらいで、今まで特に何もありません。

でも、来年は副作用がある可能性もあります。毎年そのことを考えて納得してからワクチン接種に行っています。

まとめ

私がワクチンを接種するようになったのは、3年連続でインフルエンザにかかったからです。
毎年一週間くらい寝込みまして、とても辛かったです(更に胃腸が弱いもので、吐き気とおなかを壊した苦しさがプラスされ…)


今でも、冬のまだ予防接種をしていない時期に寒気や頭痛がすると、またインフルエンザにかかったのでは…と不安になります。

後は、副作用で死亡する確率は交通事故で死ぬ確率より遥かに低いし、なにより精神的に安心して冬を過ごせるというのが私のワクチン接種の理由です。


因みに予防接種している5年間は、一度もインフルエンザにかかっていません。

ただ、私のものはあくまで一例であり、ワクチン接種しても感染する方、副作用が出る方もいらっしゃいますので、ワクチンを接種されるかどうかは、ご自身できちんと考えてから決めましょう。

インフルエンザの予防接種・副作用などについて相談できます→厚生労働省感染症・予防接種相談窓口

(参考)
国立感染症研究所(インフルエンザ総説―予防接種)
厚生労働省インフルエンザQ&A

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする